FC2ブログ
あやねの他のブログ

あやねの出会っちゃった日記♪
あやねの女SE奮戦記♪
あやねマニュアル♪>
あやねの掲示板♪

プロフィール

あやね♪

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メルマガで読む

メルマガ登録はこちら

携帯で見る

携帯ページはこちら

最近のコメント

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
マゾっ気のあるOLあやねが、「こんなSM調教されてみた~い♪」などと普段から妄想したり、実際に彼にしてもらった調教の数々を、セキララに綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
もし胸が大きかったら
もし、私の胸がもっと大きかったら、
パイズリしてあげられたのにね。

もし、私の胸がもっと大きかったら、
縛った時も、もっと迫力があったのにね。

もし、私の胸がもっと大きかったら、
ソープ嬢のように胸で身体を洗ってあげれたのにね。

もし、私の胸がもっと大きかったら、
胸をスパンキングしてもらえたのにね。

もし、私の胸がもっと大きかったら、
胸を思いきり踏みにじってもらえたのにね。

もし、私の胸がもっと大きかったら、
顔を埋めて、甘やかしてあげられたのにね。


もし、私の胸がもっと大きかったら、
でもその分感度が悪かったら、
きっと今のような関係にはなってなかっただろうね。

テーマ:M嬢とご主人様 - ジャンル:アダルト

【2005/10/31 21:05】 | えっちな話 | トラックバック(0) | コメント(19) |
センタクバサミと正常位
乳首にセンタクバサミを挟まれたまま、
正常位で犯される。

私の身体が揺れるたびに、
センタクバサミもゆらゆらと揺れ、
鈍い痛みを生み出していく。

彼はそのことを知っているから、余計に、
私の身体を少しでも多く動かそうと
激しく腰を動かし続ける。

時には、センタクバサミを指で弾かれる。
一瞬、頭の中が真っ白になる。
痛みと快楽で…


乳首の痛みとあそこの快楽でドロドロになりながら、
いつかは乳首にピアスを通したいなぁと
夢想したりもしている。
【2005/10/27 21:32】 | えっちな話 | トラックバック(1) | コメント(31) |
スパンキング2
昨日の話とは逆に、
私がオナニーをしながら、
鞭で打たれることもある。

もちろん、私がイクまで鞭が止むことはない。

四つん這いで、お尻を高く上げ、
あそこもアナルも完全に晒したまま、
私は必死にバイブを操る。

彼は私の昂ぶりを見透かしたかのように、
要所要所で鞭を放つ。


でも彼は知らない。

彼は私がイキそうになると、
それを邪魔するために鞭を打っているつもりなのだろう。

でも実際は、
鞭で打たれることによって、イキそうになっている。


オナニーそながらの鞭打ちは、
私にとってはお仕置きではなくご褒美。


そのことに、彼は気付いていない。

テーマ:M嬢とご主人様 - ジャンル:アダルト

【2005/10/26 22:10】 | えっちな話 | トラックバック(2) | コメント(12) |
スパンキング
彼は私に奉仕をさせながら、
私のお尻を鞭で叩く。
彼がイクまで、鞭は止まない。
私は必死になってご奉仕をする。

痛みから逃れたいという思いもある。

でもそれ以上に、
おしゃぶりをしながら鞭で叩かれただけで、
あそこを濡らしてしまっていることに

気付かれたくないから。

でもそんなことは、結局はすぐに彼に気付かれてしまう。

許可なく濡らしてしまった罰に、
お尻だけでなく、あそこにも鞭の先が伸びる。

痛い。
お尻の何倍もの激痛。

それなのに、私のあそこは、
鞭が当たるたびに湿った音を立てている。


彼が私の口に放つ頃には、
私のお尻は真っ赤に染まり、
あそこはヒリヒリとした鈍い痛みに覆われている。

テーマ:M嬢とご主人様 - ジャンル:アダルト

【2005/10/20 21:19】 | えっちな話 | トラックバック(3) | コメント(20) |
マゾヒズムに逃げる
実家の両親に久しぶりに会った。
普通に結婚して、普通に幸せな生活を送っている姉にもあった。

家族とは仲は良いし、愛してもいる。

それなのに、時々息苦しくなることがある。

私がマゾヒストだから。
恋人ではなく、妻子持ちのセフレと関係を持っているから。

そんな事実を知ったら、家族はなんと思うのだろうか?


申し訳ないという気持ちもある。
もっと普通でいたかったという後悔もある。

でも、多分もう戻れないと思う。

もう、ノーマルなセックスでは満足できないと思う。


家族の幸せそうな顔をみていると、
そんな自分がイヤになる。


イヤなのに…
それでも身体も心も虐められることを求めてしまう。


誰かのせいにできればいいのに。
何かのせいにできればいいのに。

そんな逃避を考えながらも、
それでも身体も心も虐められることを求めてしまう。


メチャメチャにしたい。
自分の身体も心もメチャメチャにして、
何も考えないでいたい。

私のマゾヒズムは逃避だ。
でも、一体何からの?

テーマ:M嬢とご主人様 - ジャンル:アダルト

【2005/10/18 23:59】 | えっちな話 | トラックバック(2) | コメント(12) |
前ページ | ホーム | 次ページ
ブログランキング

エログサーチ! 人気エログランキング

お友達ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。